浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

日本の浄化槽普及率と今後の経営環境

環境省が発表した平成27年度末の浄化槽の普及状況によると、総人口に占める浄化槽の普及状況は9.14%となっており、普及人口に換算すると1,167万人となっています。平成26年度末の普及率は8.91%となっているため、浄化槽の普及は年々増加傾向にあります。

この浄化水槽の普及率を地域の人口別にみてみると、人口5万人未満の地域における普及率は19.1%になっています。人口別の普及率は5~10万人では15%、10~30万人で9.6%、50~100万人の規模になると普及率は5.8%まで減少します。

これは人口が多い地域になるほど、汚水処理の普及が進んでいることを表しています。

なお、平成28年3月に「今後の浄化槽の在り方に関する懇談会」が発表した資料では、平成26年度末時点で汚水処理未普及人口は約1,300万人になっています。

これらの汚水処理未普及人口が多く残るのは人口が分散している地域が多いため、個別処理が可能である浄化槽は効率的に未普及地域への対応が可能です。

日本は今後2040年までに2,000万人の減少が予想されている人口減少社会です。

このような経営環境において浄化水槽の未普及地域へアプローチを行うには、人的な労働力のみに頼るのではなく、ITも駆使してより効率的な経営を行う必要があります。

 

>>ウェブサイトのトップページへ戻る