浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

ディープラーニング(深層学習)を活かした浄化槽業界の業務効率化

ディープラーニング(深層学習)の登場により、人間が更新することで最新の状態を保ってきたコンピューターが、コンピューター自ら学習をしていくことが可能になってきています。

ディープランニングはテキスト以外に音声や画像も高い精度で認識可能なため、浄化槽の設置業者の業務も大幅な効率化が可能になります。

今後浄化槽の普及が進む地域は郊外や山間部などの地域になるため、浄化槽は設置を検討する世帯の地形に合わせる必要があります

。異なる設置条件に合わせて浄化槽業者が対応する場合、人的資本が限られている企業になると業務進捗に影響がでる可能性があります。

ディープラーニングは過去に設置してきた世帯のデータを蓄積できるため、これから設置する世帯の条件や画像データを入力することで、過去に設置した条件に近い部分は自動で条件を割り出すことが可能になります。

ディープラーニングはデータが蓄積されるほど学習効果が増してくるため、判別精度が高くなります。

浄化槽設置業者はディープラーニングが持っている特徴を活かすことで、手間のかかる作業から解放されることができるようになります。

同時に基本的な設置条件が自動に出て来るようにできれば、業者はさらに付加価値を付けることができる業務に時間を多く割くことができるようになるため、競合他社との差別化も可能になるのです。

 

>>ウェブサイトのトップページへ戻る