浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

ディープラーニングってなに?

AIと呼ばれる人工知能技術の発達により様々な職業への影響が分析されていますが、浄化槽の業務にも多くの変化を与えると予測されています。

人工知能技術のなかでもディープラーニング(深層学習)は、人間が行ってきたタスクをコンピューターに学習させることができるようにする技術です。

これまでは人間がデータベースを更新する必要がありましたが、ディープラーニングによりテキストだけではなく、画像や音声の認識精度を向上させることができるようになります。
そしてディープラーニングが持つ最大の特徴として、ニュートラルネットワークのデータを通じて、コンピューターがデータに含まれる特徴を自動的に学習していくことにあります。

これにより人間が全てコンピューターに指示をする必要がなくなるため、これまで以上に人間が得意とする分野の業務に集中することが可能となります。

浄化槽は個々の地形に合わせた設置業務や、定期的なメンテナンスの業務が必要となります。主に浄化槽の業務は中小企業が担っているため、ITによる業務効率化や支援が欠かせなくなります。

今後はディープラーニングが持っている自動学習の特徴と企業が持っている豊富なデータを組み合わせていくことが重要です。

 

>>ウェブサイトのトップページへ戻る