浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

空き家増加と浄化水槽管理の関係

日本の浄化水槽普及率は平成26年度時点で8.91%となっており、数字だけ見ると今後も継続して浄化水槽の需要があると考えることができます。

今後浄化水槽の普及が見込まれているのは都市部ではなく。人口5万人以下の地域が中心となる見込みです。

浄化水槽は世帯毎に設置を進める必要がありますが、日本国内では空き家問題が新たな課題として浮上してきています。

2013年時点で日本の空き家率は13.5%ですが、現在のペースで空き家が増えていくと2025年には18%になると予測されていますので、単純計算で5軒に1軒は空き家となってしまうことになります。

空き家が増えてくるということは、浄化水槽の設置需要にも少なからず影響がでてくる可能性があります。

仮に実家を両親から相続した場合、既に自分の家をもっている子どもたちは、相続した家に手を掛けることが難しくなります。

実際に既に浄化水槽が設置された空き家について、浄化水槽の管理まで手が回らなくなっている例が報告されています。

そのため、浄化槽が設置されていない空き家を相続した場合、果たして浄化水槽を新たに設置するかは疑問が残ります。

日本は今後人口減少が進むため、浄化水槽ビジネスも新規設置のみではなく、メンテナンスに関する提案や啓蒙を行っていく必要がでてきているのかもしれません。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る