浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

浄化槽の普及にはユーザーとのコミュニケーションが欠かせない

日本における汚水処理人口普及率は89.5%となっているが、全人口における1,300万人が未だに排水処理をせず公共用水などに直接排出している状況です。

人口減少による市場縮小が問題視される環境において、1,300万人という数字は今後も浄化槽普及を進める業者にとって決して小さくない数字になります。

しかし、市場を細かく分析していくと浄化槽を設置していない世帯でも、敷地の大きさが異なることから、浄化槽に求める要求も様々であることが伺えます。

今後も浄化槽を設置していない層を取り込んでいくには、世帯ごとのユーザーニーズをしっかりと理解することが必要になってきます。

そのためには、浄化槽業者はこれまで以上にデータの蓄積と分析から導き出されるユーザーごとの動向を把握していく必要があります。

今後は浄化槽の普及が見込まれるのは人口が少ない地域とされており、この地域では高齢化が進む地域も少なくありません。多様化している要求の中で浄化槽に対する理解を持ってもらうには、現場との密接なコミュニケーションが欠かせなくなります。

その際に、ITを駆使して人間が最も得意とするコミュニケーションを現場と行える体制を構築していくことが必要になってきているのです。

限られた経営資源と厳しい環境において、浄化槽産業もインフラ・メンテナンス産業として、より高度な技術とコミュニケーションによる向上が求められているのです。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る