浄化槽管理会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で請求業務などの維持管理に。

スタッフブログ

IT化を検討するならタイミングも重要

少子高齢化や業界の競争激化によって人材確保が課題となっている日本国内では、ITと親和性が高い業務管理などの分野でIT化による効率改善が必要だといわれています。

人材不足が本格化していくと、現場レベルの改善による吸収は難しくなっていきます。

そのため、IT化を進める企業とそうでない企業での業務効率は差が開く一方だと予想できます。

このようにIT化を推進しない場合の業績に対するリスクは認識されやすいのですが、実はIT化に乗り遅れることによるリスクがもう一つ隠されています。

それは、IT化を担うエンジニアの数が提供されるサービスに対して大幅に不足していくことです。

経済産業省の調査によると、2015年の時点で既に15万人のITエンジニアが不足している状況が明らかになっています。

今後もIT業界の成長に伴い、エンジニアの需要は増えていきますが供給が追い付いていないのが現状です。

そのため、2030年には59万人のエンジニアが不足すると推測されています。

浄化水槽業界は中小規模の会社が多く、現在は現場レベルでの改善で持ちこたえているも、人材不足が本格化してくると現場レベルでの吸収が追い付かなくなる可能性があります。

その時になってIT化を検討しようとしてもIT化を担うエンジニアが不足しているため、自社の状況に応じたIT化をタイムリーに行うことができなくなるリスクがあります。

IT化を検討している企業は、自社のみではなくIT業界の状況にも気を付ける必要がでてきているのです。

>>ウェブサイトのトップページへ戻る